トップ >> 印刷技術の種類と内容

印刷専門用語に関する情報

印刷の専門技術について

オフセット印刷は、インキを版からブランケットを介して用紙などにプリントします。本当の意味では、版から直接するのではなく媒介物を介してすることです。平板のものでは主にこのオフセットが行われます。また、最も歴史が古くて、原理の単純な方式が、凸版印刷です。現在では主にビジネスフォームの一部、シール・ラベル、原色版、弾力のある樹脂凸版を使用し、ダンボールなどに用いられています。表面に凹凸のある版の山の部分にインキを乗せて紙に転写する方式です。印鑑と同じ原理だと考えると分かりやすいのではないかと思います。この原理を使って転写するものには、ゴム印や木版画があり、活版もこれに当たります。

グラビア印刷の技術とは

高精度な写真の再現性を生かして、美術書や写真集、フィルム・ビニール軟包材へのプリントに用いられています。現在でも雑誌の写真ページなどがグラビアページと呼ばれるのは、以前グラビア印刷で再現していた名残からです。この印刷方式では、文字や模様などの部分が凸版と反対にくぼんでいる版面を使います。くぼみに入っているインキだけを残し、そのインキを紙に押し付けて移します。指で触るとインキの盛り上がりがよく分かります。濃い薄いは、くぼみの幅とインキの厚みで表現するため、精巧で美しい印刷ができます。また、偽造されにくいため、各国で紙幣などに使われています。日本銀行券では、主に肖像やお金の単位を表す数字の部分などの印刷に使われています。