トップ >> 紙以外の印刷基材について

印刷専門用語に関する情報

紙基材の種類と特徴について

一般的なものに上質紙があります。コート紙・アート紙は、上質紙の表面に顔料をコートしたもので、高級な用途に最適です。キャスコート紙は、上質紙の表面に顔料をコートしたもので、高級な用途に最適です。フォイル紙は、平滑性の高い紙に薄いアルミ箔をラミネートしたもので、金・銀があります。再生紙は、印刷適性を損なうことなく古紙を配合した再生紙でエコの面からも近年注目されています。含浸紙は、上質紙系の紙に高分子樹脂を含浸し、紙の強度や耐水性を高めたタイプです。無塵紙は、もみ・こすりなどによる発塵を抑えた紙で、クリーンルームなどでの使用に最適です。このように、用紙にもいろいろな種類があります。

フィルム基材の種類と印刷の特徴

フィルム基材に、ポリエステルフィルムがあり、耐熱性、透明性に優れ、透明、白、マット、発砲、蒸着、ヘアーライン加工タイプなどがあります。ポリプロピレンフィルムは、透明性、耐水性に優れ、主にオーバーラミネート用途に用いられています。ポリスチレンフィルムは、白、透明タイプがあり、同質、同素材のリサイクルラベルなどに用いられています。合成紙は、プラスチックを主原料にしたもので、紙の特性である白さ、不透明度、印刷適性とプラスチックの特性を併せ持っています。塩化ビニルフィルムは、耐水性に優れ、屋外のステッカー用途などに適しています。ポリイミドフィルムは、耐油性、低温・高温安定性に優れ、主に耐熱バーコードラベル用途に用いられています。印刷に合わせた基材選びがされています。